女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンが乱れる理由と理屈

女性ホルモンが乱れる理由と理屈

女性ホルモンが乱れると、女性の体には様々な影響が現れます。
それは、肌荒れといった身近な肌の症状に関わる問題や、
重症化すると生理不順というような形で現れます。

ですが、現代に暮らす女性達は、知らずしらずやっていることで
このホルモンバランスを崩してしまいます。
今回は、ホルモンを崩してしまうような生活習慣とその原因と、
理屈に関して紹介いたします。
ホルモンを崩してしまうようなような生活習慣、
それはストレスと睡眠不足なんです。
言われて納得という方も多いのでは無いでしょうか?
ですが、本当になる理由を最初に説明いたします。

ストレスは、女性のホルモンバランスを壊すのに大きな要因です。
ストレスが発生すると、人間の体内には非常に厄介な
ホルモンが大量に発生します。コルチゾールというホルモンですが、
このホルモンの厄介な部分は、アトピーや免疫力の低下、
体内の毒性物質を悪性にしてしまいます。
ホルモンの分泌には、視床下部や下垂体が司令を出すのですが、
長期のストレスに晒されていると、
卵巣に女性ホルモンを出すという指令のリズムが狂います。
その為、女性ホルモンの分泌が狂ってしまうのです。
ストレスが原因で女性ホルモンのバランスが狂ってしまう場合は、
肌荒れが大きく伴います。
ですから、肌荒れが出た場合は、ストレスケアをしてあげる事が何よりも大切です。

睡眠不足が原因になるのは、視床下部や下垂体や
司令を出すのは自律神経系のデリケートな部分なのです。
ホルモンの分泌には、非常に自律神経と
副交換神経のバランスが関わっているところです。
この部分に、負担をかけるような
睡眠生活(寝溜め、夜更かし)をしているとホルモンバランスが乱れます。

いかがでしたか、意外にも寝溜めはよくやってしまいがちだと思います。
しかし、本当の脳内の疲労に関しては良質の睡眠が無いと
取ることが出来ないのです。
ですが、心がけるだけでも十分に体の機能は回復しますので、
実践するかしないかはあなた次第です。