女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンとめまいの関係

女性ホルモンが乱れる理由と理屈

最近、女性ホルモンのバランスが狂うことで、めまいが発生する方が多くなっています。
今回は、女性ホルモンのバランスとめまいに関して紹介いたします。

女性ホルモンのバランスが乱れると、血管の筋肉の調整が効かなくなります。その理由は、エストロゲンは血管平滑筋の弛緩作用があります。過剰に反応する血管の筋肉に対して、エストロゲンは調整をかけています。しかし、エストロゲンが大量に放出されるのは、生理周期の前半が中心で後半は減少します。その為、めまいが発生するのは生理前一週間の方が多いのです。 次に、この女性ホルモンの放出が乱れる原因を紹介します。それは、食生活です。脂っぽい物を食べていると体の油を摂り過ぎると、非常に問題があります。それは、油がエストロゲンを吸収してしまい、エストロゲンが分泌されても効果が少なくなってしまいます。 乱れた食生活は自律神経の働きを悪くするので注意が必要です。

ホルモンの乱れる原因にも重なりますが、めまいは自律神経の乱れも生じさせます。過剰に緊張を強いる現代の生活は、緊張を強いる神経が働き過ぎます。その結果、血管の筋肉に力が入りすぎる事によって血流が悪くなります。 その結果、めまいが生じやすくなるのです。

最後に、生じやすい原因は生理による貧血です。経血の放出によって、体内の血液が減少するため、頭に血液が行きにくくなります。

こうした原因によって、貧血は生じます。多めに鉄分を摂ること、規則正しい生活が何よりも重要ですが、マグネシウムが血管の筋肉の緊張を解してくれる効果があるので積極的に摂取することが大切です。ですが、一番重要なのは冷えを起こさないことと、規則正しい生活です。食事をする時間を決めることだけでもだいぶ変わってきます。 ですが、こういった対策をしても、めまいが完治できない場合もあります。その時は、婦人科にいって適切な対処をすることが大切です。 この文章を読んで、病気の対処につながれば大変幸いです。