女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンと子宮筋腫の関係とは?

女性ホルモンと子宮筋腫の関係とは?

女性には、男性と異なり、子宮という子供を育てる大切な器官があります。実は、 この子宮筋腫はここ数年で病気にかかる方が非常に増加しています。その病気は子宮筋腫です。この病気は女性ホルモンの乱れと最近大きな関係性があることが分かってきました。その為、今回は、子宮筋腫という病気と女性ホルモンの乱れの関係に関して紹介いたします。

はじめに、子宮筋腫という病気ですが、子宮に腫瘍が出来る病気です。腫瘍と聞くと一見怖い病気のように見えますが、良性の腫瘍なので進行は遅い特徴があります。しかし、子宮筋腫を放置してはいけないのです。何故なら、それは女性特有の月経と現象が起こるからです。子宮筋腫のような腫瘍がない場合は、月経時に放出される経血の量が腫瘍があることによって子宮内の表面積が増加して、結果強い生理痛と通常以上の経血が放出されるため、非常につらい症状を引き起こします。その結果、生活の支障が出るほどの生理痛による耐え難い痛み、または経血の過剰な血液の放出によって発生する貧血による失神という症状が現れます。 もし、貴方が生理痛がひどくて生活に支障が出るほどの痛みで、昼間でも夜用の生理用品をい週間程使用しないと駄目という方は、病院にいって検査をするべきでしょう。

さて、この子宮筋腫は最近女性ホルモンの乱れによって、増加していると書かれていました。増加の原因は過剰に放出されたエストロゲンです。このホルモンは、女性の魅力を大いに引き立てる味方ホルモンですが、過剰に放出されると大きく体の不調を起こします。それは、女性特有の臓器である子宮内膜を過剰に厚くする効果があるからです。加えて、腫瘍を大きくする効果もあることが分かってきました。 その為きちんと、エストロゲンとプロゲステロンの放出バランスが重要になるのです。長期間、片方のホルモンが分泌されているような状態は、エストロゲンの過剰放出を招くのです。

つまり、過剰なホルモン分泌を回避すれば子宮筋腫の発生頻度は減少し、出来たとしても進行を遅らせることが出来ます。加えて、それは薬を使用しなくても容易に出来る事です。それは、)はじめに体を冷やさないことです、体の冷えは大きなダメージを与えます。子宮が冷えないようにエストロゲンを過剰に放出させ内膜を厚くするので、冷えに注意するようにしてください。 次に、食物繊維を摂るようにします。食物繊維は、エストロゲンを体外に放出する機能があります。疫学調査では、便秘になりやすい人ほど子宮筋腫になりやすいといった結果が出ています。ですから、野菜を食べる事が大切なのです。