女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンが乱れる理由と理屈

女性ホルモンと更年期障害の関係

女性ホルモンの変化によって必ず女性が迎えるのが更年期障害です。
更年期障害とは、女性ホルモンのバランスが崩れることによってエストロゲンの分泌が減少し、 様々な不調を起こすとされています。
ですから、若年の方は関係ないとお考えの方も多いようです。
しかし、ここ数年更年期障害が30代、20代の女性で発生していることをあまり知られていません。
だから女性 育毛剤 30代でも必要になってくるんですね。

今回は、そんな更年期障害になる理屈を老年、
若年性の症状が発生するメカニズムと個別の有効な対処法に関して紹介いたします。

通常の更年期障害の場合は、卵巣の働きの劣化が原因です。 年齢を経るごとに、卵巣はエストロゲンの放出量が減少していきます。 つまり、年齢を経るごとに最大量が減少していくのです。 ですが体が欲しているのは若い時の分量と変わりないのです。 つまり、脳の司令の方が過剰に反応して、 ホルモンを出せといった司令を出すようになります。 その結果、司令を出している視床下部や下垂体が、 司令を出してもホルモンが分泌されないため、 体の自律神経系が狂いだし特有の症状が発生するのです。

次に若年性の場合ですが、若年性の場合は卵巣の機能が衰えているわけではないのです。 卵巣の機能が衰えていないにもかかわらず、こうした症状が発生する理由は、 ホルモンを出す司令が過剰反応を起こしているのです。 卵巣は暴発する司令には反応しないのです。 その結果、自律神経系を、狂わせているため更年期障害の様な症状が発生するのです。 反応しない視床下部や下垂体が暴走している状態になります。 つまり、若年性の更年期障害の原因は、自律神経の過剰な反応によって起こる病気なのです。

通常の更年期障害で一番効果的なのは、エストロゲンの分泌量が減少しているために、 更年期障害が発生しているため、大豆イソフラボンを多く摂取するのが効果的です。 体の中で不足している特定の栄養を取り入れる感覚で、サプリメントを摂取するのは効率が良いと思います。 しかし、若年性にはあまり効果はありません。一番効果があるのは、香りを嗅ぐことです。 香りを嗅ぐのは、自律神経系を安定させ、副交感神経と交感神経の司令がしっかり整います。 実は副交感神経と交感神経がきちんと機能していないと、全体的にホルモンもバランスが崩れるのです。 そして、早寝早起き、朝ごはんをしっかり食べること、 規則正しい生活を送ることが非常に重要な事になります。

世代別に対処法が違う、更年期障害正しい知識を知って適切に対処し、
快適な生活が送ることができる参考になれば幸いです。