女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンと骨粗鬆症

女性ホルモンと骨粗鬆症

女性ホルモンが乱れると骨粗鬆症になりやすくなります。骨粗鬆症は、更年期障害を経た50代後半の女性が多くなりますが、実は、生理不順によって20代の女性の患者が多くなっているのです。その原因は大半、女性ホルモンが大きな原因となっています。 今回は、骨粗鬆症とホルモンの関係と、その対策に関して紹介いたします。

はじめに、骨粗鬆症という病気に関して説明いたします。骨粗鬆症とは、骨の密度が低下することによって、体の各部位の骨がもろくなってしまい、骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症が大きく問題になっているのは、大腿骨といった足の付根や背骨といった体幹を支える骨に対しても、病気が発生し進行するとその部分の箇所で骨折が発生いたします。 特に、大腿骨の骨折は寝たきりの原因にもなっているため、健康に老後を過ごすという概念からも予防が叫ばれているのです。

実は、この骨粗鬆症はとても厄介な病気で、女性が男性に比べて数倍以上発生しやすいとされています。それは、女性は更年期障害や生理不順といったホルモンの減少するようない、体の変化が発生するからです。男性は、女性のような更年期障害といった病気は無いため、なりにくいとされていますが、近年、男性も更年期障害が増加していることから、昔よりも患者数は増加しているのです。 骨粗鬆症になる原因は、エストロゲンの減少です。エストロゲンは、女性ホルモンで女性ラサや体型を整えるホルモンとお話いたしましたが、実は体の中で重要な働きをしています。

それは、エストロゲンは体内の骨を壊す細胞の働きを抑えるということをしています。エストロゲンは、放出されると破骨細胞という骨を壊す細胞の働きを抑えます。骨には、骨芽細胞と破骨細胞という細胞が存在しており、骨を作る細胞が骨芽細胞で、骨を破壊するのが破骨細胞です。 この破骨細胞の働きをエストロゲンが抑えることによって、成人女性の骨密度のバランスは保たれてます。

しかし、生理不順や更年期障害で、エストロゲンの放出量が減少すると、破骨細胞の働きが活性化されるために、骨粗鬆症が発症しやすくなるのです。 ですから、骨粗鬆症の対策には、女性ホルモンのエストロゲンの作用を持つ大豆イソフラボンを摂取することが大切です。それ以外に、骨の生成を助けるマグネシウムを摂ることを心がけるとカルシウム単独よりも、骨粗鬆症には非常に効果があります。カルシウムはあくまで骨の材料なので、骨の材料を骨にするのを助ける役割を持つマグネシウムが、骨粗鬆症に効果があるとされているのです。